読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

お前のさじ加減

つれづれ

生鮮食料品店で刺身と鶏肉を買った。刺身はサーモンで鶏肉はもも肉だ。他にもキャベツや梅干しなどを買った。レジに並ぶ。中年女性店員と若年男性店員のレジの列があったが、女性のほうに並んだ。若年男性は鈍いのではないかと勝手に憶測したためだ。

 

会計が私の番になり、レジ店員が商品をスキャンしていく。私はカゴの底にキャベツ、鶏肉、上に梅干し、刺身の具合に重ねていた。バランスは悪くなかったはずなのだか、店員はスキャン済みのカゴに入れるのに盛大にもたついていた。下に重くてかたいもの、上に軽くて柔いもの、これさえ念頭にあればなにも難しくないはずだ。

 

もたつきにもたついた挙句、店員は刺身の上に生肉を載せ、「一瞬ですからいいですよね」と言った。確かにサッカー台はレジから3メートルも離れずにあった。私がさっさと会計を済ませてサッカー台に移動し袋詰めをすれば、刺身の上に生肉がある状態は30秒くらいで解消されるはずだ。一瞬と言えば一瞬かもしれない。が、お前が言うな、と私に思わしめた。

 

生肉を刺身の上に重ねるな。そして他者と自分の時間の感覚が同一であると思うな。