読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

検尿

春は検尿の季節。今朝、小学生2人の尿の受け子をした。朝一の尿を確実にものにするために、子供たちの部屋を「尿ー、尿とるよー」と言って巡回した。「チケット余ってないー?買うよー」みたいに。

 

私が小中学生だった頃は大きめの正方形の紙を折り紙のコップの要領で折ってそれに放尿してスポイトタイプの容器に入れたものだけれど、今どきはプラスチック製の折りたたまれた桝のような形のものが支給され尿をとってから床に置けるので作業がより簡便だ。しかしながら、プラスチックの質感のせいか、両太腿の間にそれを差し挟むと子供は尿をなかなか出さない。出してはいけない状況だと脳が判断するのか「出ない、無理」と言う。朝の忙しい時間帯、子供の尿はさっさととってしまいたいものだ。「出るから、出るから、いいから、出して」と励ましと懇願。

 

ようやく放たれた尿は私の手をしとどに濡らした。腕まくりをしていて良かった。尿をかけられて「汚ね!」と同時に「温い!」と思った。子供が小さい時にはおむつを頻繁に取り換えて尿も便も身近にあったものだけれど、今となってはもう遠い。別に懐かしく糞便を思い出したりもしないが。

 

こういう現実の人間関係ではニーズのないような話を書いても読んでくれる人がいるのがブログの良いところ。

 

今週のお題「私がブログを書く理由」