ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

ひよこのバッグを作りましょう

そう言いながら夢は始まった。私の声ではなく、料理番組の女性のような澄んだ声だった。それはNHKでよく見る類いの「趣味の○○」っぽい工作番組だった。

作業台と作り手の手だけが大きく映し出されており、台の上には黄色いフェルトと木工用ボンドとひよこが3羽。ひよこは歩いたり、ピョンと跳ねたりしていた。

「まずフェルトをバッグの形に切り取ります」と言って、雑に半円にまるで子供のお絵かきのバッグの形のように黄色いフェルトを切った。ひよこは相変わらずその辺りを動いている。嫌な予感しかしない。

「次に木工用ボンドをポケットの部分に3ヵ所、多い目に出します」。いつの間にかポケットが出来ていた。

「そしてひよこを」と言って、ひよこをボンドの上に横倒しに起き、グッと押さえて息の根を止めた。それを3回やってひよこの付いた黄色いバッグが出来上がった。