読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

余裕をもて

小説は別として、よそ様のブログを読むときには立ち位置が気になる。「本人が本人の身の回りのことを本人視点で語る」ものから、「完全な部外者が赤の他人のことを部外者目線で好き勝手に語る」ものまでたくさんあり、その間の立ち位置は無限ともいえるくらいにある。

「経験者は語る」系のものにはどういうものであってもそうかそうかと思える一方、他人目線系には、どうしても私は狭量な人間なので、「経験もしていないくせに勝手なことを言うな、前言ってたことと矛盾しまくってるやないかい」と思ってしまうときがある。特に書いている本人が「私はよく知らないけれど、こういうことなんでしょ?」的に書いていたら「はぁぁ?違うしー。違う場合もあるんですぅー」みたいにミットモナイ反論を胸中に浮かべてしまう。

 

立場の違う人の意見こそが参考になる場合も多い、というのは真理だとも思うので、自分の狭量を諌めたく思ってここまで書いてみて。そして長子(小6男子)が、CMで流れている爽やかな「余裕がある人、綺麗だなー♪」に合わせて替え歌で歌う「余裕がない人、汚いなー♪」を心に留め置いておきたいと思う。

余裕がある人綺麗だなー♪はコチラ↓

www.youtube.com

 

ところで、その長子は「明かりをつけましょ、ぼんぼりにー♪お花をあげましょ、桃の花ー♪」を「ぐるぐるぐるぐるグルコサミン、世田谷育ちのグルコサミン♪(繰り返し)」と替え歌をするようなヤツである。

グルコサミンは全国区かな?コチラですよ↓

www.youtube.com