読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

ラッコ

つれづれ

石を持って構えているラッコの腹に大切なものを置く夢を見た。大切なものが何だったかを思い出せないのだけれど、ラッコは瞬間で私の大切なものを壊した。私は、やっぱりなと思ってがっかりした。ラッコは確かに水面に浮いていたのだが、私も水中にいたのかは定かではない。

 

私にとってラッコは性欲と繋がっている。世間一般では可愛い動物なのだろうけれど、私がアメリカの水族館で見たラッコは違った。私のほかに客はまばらだったけれど、幼児を連れた家族がいた。その前でラッコ2匹が取っ組み合いを始めたので、幼児は「ラッコが喧嘩しちゃってるよ」とまどろっこしい言い方で両親に訴え、その両親は「あらあら」みたいな返答をしていた。ラッコ2匹の状態が取っ組み合いではなくて交尾だと大人の目に次第に明らかになってくるにつれ、その繰り返される「あらあら」も違ったニュアンスを含みだし、父親が「ラッコは性欲が旺盛だから」とラッコ的に身も蓋もない結論を出した。

 

そこで使われていた英単語は「horny」。ホーニーと発音する。性欲旺盛を意味する俗語で、動物の角を意味する「horn」からきている。とても分かりやすいですね。

こういう風にして英単語を自分の中で定着させ、愛らしいラッコのイメージは壊されたままになってしまう。