読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

ジャガー

つれづれ

 夕飯のあとのくつろぎの時間、コタツに入った末子が「ふーちゃんが恐い!」と言って半泣きになっていた。ふーちゃんとは我が家の愛猫で、ふーちゃんは犬のように家族を格付けしていて、そのヒエラルキーの頂点には私が置かれていて、以下背の順になっていると推察される。つまりふーちゃんにとって末子は最下層の、よく言われる犬は下から二番目に自分を置くというものに従えば、ふーちゃんの下に末子が置かれている。

 

日頃から末子と愛猫は時折喧嘩のようになっていて、ほほえましい争いの時もあれば武器(爪)を用いたものになると私は末子を庇わなければならない時もある。ふーちゃんにとっての権力者である私がふーちゃんを制圧して末子を庇うとふーちゃんはより嫉妬をして末子を攻撃する。社会でもよくある図式が我が家に。

今日は、聞くところによると末子がコタツに足を入れた瞬間にふーちゃんが「ガー!」とジャガーのように吠えたらしい。ところでイオンのWAONカードは「ワオン!と鳴いたらナンタラカンタラ…」と音声が出る。私はWAONカードを持っていないので、隣のセルフレジから聞こえてくる上記音声を聞いているだけなので別段何も迷惑をしていないのだけれど、ワオン!と鳴いたら、ってイオン設定の勝手なビープ音を鳴くと表明してしまうのはどうか。鳴いたらじゃねーよ、鳴ったらでしょ、と毎回内心で突っ込んでしまう。

 

話を戻して、ふーちゃんがジャガーみたいな吠声をしたと聞いた時に私にはジャガー横田の「アンタ―!」という怒声が脳内に蘇ってそら恐いわとか考えて、横田じゃなくただのジャガーだったと思い返して、ジャガー横田ジャガーだったらジャガーが恐いなと思ったりしていて末子に何も慰め的なことを言えなかった。