ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

GPS

事件や事故のニュースを見ては、こうすれば、ああすれば、もしかして防げたのかもしれない、と考える。それは別に私が解決してやると息巻いているわけではなく、感想の延長の思考に過ぎない。

「警察組織が完全に正義のもとに存在することが可能であったら、前科者にはGPS発信機を必ず埋め込むべき、いやそれでは初犯を逃す、じゃあ全員に誕生した瞬間から埋め込むと良い。なんなら私が第一号になってもよい」と、一緒にニュースを見ていた夫に話した。夫は「完全に正義」のあたりを難色を示したので、「ロボットみたいな判断が出来るとして」と返すと「ロボコップな」と夫は笑った。よくあることだけれど、私の空想話に失笑するのだ。

 

GPS発信機が埋め込まれていたら、我が子が誘拐に遭ってしまった際に瞬間で見つけられるし、我が子の周りにいるかもしれない性犯罪者を警察が把握してくれているなんてとても安心、などと有りもしない仕組みの有益性を売り込んでみると、夫は意外と乗ってきて、「そうやな、正義の警察になら位置情報を知られて困ることは何もないもんな。GPS標準装備、いいやん」などと言ってきた。いつもは失笑で済まされるところを乗ってこられたので、なんだか突き放したい気持ちになり「でも一般市民にもそれを適用するなら、世界の人権団体から批判を受けまくるやろうな」と言うと、夫は「これが日本のやり方やって突き通せばいい」と言った。晴れて妻の空想の設定が世界を敵に回しても保持しなければならないものになったのだけれど、生まれたての赤子に発信機を埋め込むってどこのショッカーだよ、イー!