ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

青い鳥を放つか否か

数年前、姉に誘われてツイッターを始めたが、姉と繋がっていてはロクなことが呟けないのでしばらくしてアカウントを消去した。それ以来ツイッターにはかかわってこなかった。アルバイト先などでの愚行ツイートが連続して報じられた時期には、危ない世界から足を洗って良かった、くらいに思っていたのだけれど、最近「便利なんじゃね?」と思い始めて再びアカウントを作成した。が、若者ではない新参者が参入できる世界なのではないのでは…と敷居の高さを感じている。そもそも独り言の癖のない私には無理かもしれないと思うし、ビジネスやブログの拡散などという目的もない、そして友達も少ない。ないない尽くし。それならやめればいい、というのが至極真っ当な正解なのだけれど、負け犬の如くすごすごと引き下がるのも嫌だ、みたいな気持ちにもなったり。

 

とりあえず、発足当初にはなかったツイッター界での作法を調べてみようか。実は姉に頼りたい気持ちになっているのだけれど、やっぱり姉と繋がっていては自由度が下がりまくるのでそれは無しの方向で。いつまでたっても年長の兄弟には警戒せねばならない末子である私。

 

アカウントを複数個作ってみて、私1人で色々シミュレートしてみようかな、とか考え始めたあたりで、コイツは私に向いていないと確信した。