読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

勢い

大学を卒業して数週間で夫に出会い、約1ヵ月後に私から結婚を申し込んだ。よく芸能人が〇〇婚とか言っているけれど、私たちの場合は勢い婚だろうなと思う。結婚というものについて深く考えることなく、結婚するぜイェーイみたいなノリで。

 

22才だったので(入籍は23才)成人はしていたけれど、学生を終えたばかりでまだまだ大人とは言えないような未熟者同士で、お金のことも人生の艱難辛苦も想像だにせずに結婚をした。結婚は勢いだとよく言われるけれど、勢いしかなかった。

社会人を数年経験して、「大人」になってから結婚をする人は凄いなと思う。愛情と相性と、さらに各種物事を計算して結婚を決めるのは凄い決断だ、と。

 

私の両親は見合い結婚で、そのことを聞いた時には「私は恋愛結婚をする。自分で相手を探す」と夢見た。見合い結婚というものが、恋愛を含む全ての愛情が欠落した結婚のように思えたのだ。しかしながら現在の私は夫に対して恋愛感情はもっていない。ドキドキしたりトキめいたりしない。真逆だ、安心する。「人間の脳が恋愛感情を持続できるのは3年」と聞いたことがあるが、自分たちがどれくらい恋愛を持続していたかは計っていないので分からないけれど、多分そのくらいだと思う。結局、見合い結婚でも恋愛結婚でも平和に落ち着くケースでは多分似たような平安になるのでは、と今では思う。

 

恋愛して結婚して落ち着いて15年くらい経過して、平和な我が家ですが、今月夫の両親とまたまた旅行をします。今回は別室宿泊ですが、やはりとても気が重いですよ!っと。

 

トピック「結婚を決めた理由」