読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

ブレス

接客のパートタイムをしていて、慌ててしまうと物凄く早口になってしまう。ゆっくり話さなければと気をつけるのだけれど、ゆっくり話すと噛むことが多い(日々気になる不思議現象のうちのひとつだ)。そして、私以外の人も慌てている時には凄まじい早口で接客をしている。

 

他の人の早口を聞いていると思い出すことがある。それは、ダビングを繰り返したカセットテープだ(これを理解してくれるのは30半ば以降か)。CDが普及し始めた頃はまだPCが普及しておらず、ダビングをするといえばカセットテープを使用するのが普通だった。友人から借りたCDをカセットテープにダビングし、それをまた他の友人がカセットテープにダビング。つまりオリジナル以外はすべてカセットテープ。ダビングを繰り返すとなぜが再生速度が上がるので、どんどんキーが上がっていくものだった。友人のカセットテープからダビングさせてもらったポリスのエブリィ ブレス ユー テイクは宇宙人のような歌声になってしまっていて原曲の雰囲気は壊滅していた。とても珍妙に印象に残っているが、名曲は宇宙人がせっかちに歌っても名曲だった。

そして接客をする同僚はポリスみたいだ、と思ってしまう。

 

ブレスといえば、と派生して思い出すのが、ホームステイしていた先の娘が「彼のモーニングブレスは最悪にクサイ」と言っていたこと。それを聞いたとき、14歳で彼氏のモーニングブレスを知っているなんてさすがアメリカ娘だなと感心した。今なら「きっと彼は胃が悪いんだよ」とアドバイスしてあげることが出来るのにと考えるあたりで、早口からブレスで思い出すこと終わり。