読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

パワー

あまり有名ではないと思うけれど、ネットでは「パワースポット」と書かれていた山に登った。石段が続く山道を行くと寺があるらしく、一応そこをゴールと定めて登り始めた。パワースポットとは山自体のことなのか頂上の一点なのか。なににしろ、今日はパワーをもらうどころか登山で疲労感を得たことだけは確かだ。

 

石段を登り始めたあたりから、私の耳にはお経が聞こえていた。かすかに聞こえたり聞こえなくなったりするお経。一緒に登っている家族に訊ねても、そのようなものは聞こえないと言うので、私は自分の死期が近いのではないかと思ったりもした。登るにつれて聞こえる音が強くなってきて、やんぬるかな、と走れメロスと直結し過ぎている感嘆を心の中で漏らしたあたりで家族が「やっぱ、お経みたいなの聞こえる」と言い出した。「そうよな、パワースポットで死期コールが聞こえるなんてないよな、はははっ」とか、死期フラグの立つようなことを考えて安堵していると、お経はますます音量と響きを増してきた。

 

寺に着いて、お坊さんの読経が拡声器で拡散されていたことを知った。パワースポット、坊主ボイスが一番パワフルだったというお話。