読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

野犬

我が家では私が家事をほぼ担っていて、洗濯やクリーニングもそう。そして我が家ルールでは「衣服等は着用(使用)してから捨てる、洗濯したなら一度は使え」。靴下に巨大な穴があいていても、腕があげられないほどにサイズが合っていないシャツであっても、洗濯に出してしまったらとにかく一度着る、そして捨てる。至ってシンプルなルール。もちろんリサイクルに出すものはこのルール適用外だけれども。

 

このルールのお陰で子供たちが自分の衣服に注意を払っている。これは捨て時か否か、繕ってでも維持したいか、など。繕うのは私の役割なのだけれど、それは依頼あっての仕事なのでこちらから動くことはない。

子供たちは成長するので、「小さくなった」と言う理由でお下がりにしたりイトコに送ったりなどするので廃棄はあまりない(お下がりに出来ない靴下や下着は伸びたりほつれたり穴が開いたりすると上記ルール適用)。

 

ところが夫がクセモノで。夫のサイズは変わらないので、傷んだ衣服を捨てるだけなのだけれど、仕事で使うスーツには一応の意識はもっているものの、下着などにはまったく無頓着なのだ。下着が猛烈にほつれていても平気でいるので、毎回洗濯しながらも、「この下着は末期を超えている」と気になりつつも上記ルールの通り、洗濯を終えると夫のクローゼットに仕舞う。夫は気にせず着用し続ける。私はいい加減捨てて欲しいので「これ、結構なダメージ加工になってるで、ビンテージ」と注意喚起するのだけれども、夫は「野犬にやられた。くそう」などと言ってまともに取り合わない。私は我が家ルールを尊重して勝手に捨てたりはしない良妻で。洗濯に出されれば洗濯をする。最近は夫のハンカチまでもが野犬にやられている様子。

 

外での夫が心配だ。野犬頻出するバトルフィールド且つ職場。野犬と言いながら、そいつはトゲトゲの首輪をしているに違いない。コーナーを数個こなしても追いかけてきて、たいてい尻に噛みついて臀部を露わにする恥辱を与えつつも流血はさせない類の。