読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

余生

つれづれ

夫の父は会社役員をしていて、60歳の定年を過ぎてからも会社勤めをしている。聞くと、役員は自分の引退時期を自分で決められるのだとか。そして最近、引退を来年と決心したらしく、60半ばからの第二の人生を楽しむぞと話す姿は今まで以上に活き活きとしていた。ゴルフ三昧もいいし、夫婦で世界を旅するのも良い、それとも会社の顧問になって月数回くらい出社してもいいかなぁ、などと楽し気に話す義父。

 

それを聞いた次子が、「子分か。そっか、おじいちゃん、いったん仕事やめちゃったら子分から始めやんなあかんねや」と。

『コンティニューしますか→いいえ』→『レベル1からスタート』 次子の思考が手に取るようにわかった。それ、ゲーム。

私は次子に、「違う、顧問は子分とはだいぶ違う。ボーナスステージみたいなもんやで」と説明。やっぱりゲームっぽくなってしまった。