ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

バスにて帰る

郷に向かうバスに乗っている。バスは11時過ぎに動き出し、一路近畿を目指す。高速道路に入ると消灯されるが、すぐに入眠できるはずもなく。

自宅最寄駅から出発のバスターミナルまでは電車で来た。大きな荷物で子供たちを連れて大人ばかりの喧騒の夜の街を歩いていると、まるで自分たちは母子の夜逃げみたいだと思った。しかしながらバスターミナルに到着すると、私たちのような家族がたくさんいたので馴染んだ。子供たちは普段なら眠っている時間に外にいるということに少し興奮気味だった。

夜間高速バスは、事故のニュースをいくつか覚えているので少し恐い。無事に郷に着きますように。

今回が最後の帰省になる。

↑ここまで昨夜。

無事着いた。山々の緑がすごい勢いだ。