読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

はなのこるんるん

多分、花の子ルンルン。これを書き終えてから検索しようと思っている。先に調べてしまうと何も書けなくなると思うので。

 

花の子ルンルンとはテレビアニメであり、私が幼少の頃に放送されていた。私の姉たちが私がルンルンに夢中なことを嘲るように話していたのを覚えているので、多分今のプリキュアアイカツのようなポジションだったのだと思う。私がトリコになっていたので、母は私のことを「ルンルンちゃん」としばらく呼んでいたりもした。

 

一生懸命見ていた割に幼少だったせいか内容をよく覚えていない。何かしらの理由があって花を探している少女の物語で、黒っぽい服を着た男に邪魔をされたりしていたような。犬も出てきた。ビーグルのような犬だったと思う。

 

今日、たまたま鼻歌でルンルンの主題歌を歌っていて、いろいろ思い出したので書いてみようと思った次第。「るるるん、るん、るん」を繰り返したのちに「花を探しています」と続く。そして色んな草花の名前を歌い上げる。「タンポポはお休み枕」で「ねむの木にお休み告げて歩いていきます」だった。タンポポが枕と確かに歌っていた。タンポポ、枕にしたら確実に潰れる。もしくは、ルンルンは小人でタンポポサイズの枕がちょうど良かったのか。ルンルンが小人だった記憶は無いが、花の子と名乗っておいて眠るたびにタンポポを潰すなんてあり得ないだろう。小人だったに違いない。そうであってくれ。

f:id:Qka:20150609220527j:plain

 

ちなみに当時の私の枕カバーは「花の子ルンルン」だった。ルンルンの顔面とサブキャラがプリントされていた。枕カバーを見てルンルンの絵を描いたりもした。そしてその枕カバーは就寝中の私の鼻血によって血染めにされたのだった。

鼻血、鼻、花。おあとがよろしいようで。

 

では、検索してみます。