読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

亀汁

つれづれ

今朝、久しぶりに怒った。日々ちょいちょいムッとくることはあっても怒るのは久しぶり。

朝の忙しい時間、ベランダに亀の水槽(と言ってもとても小さい)を運んでいた次子がそれをぶちゃかしたのだ。「ぶちゃかす」は標準語ではないかな、「ひっくり返す」とか「ぶちまける」?いや、「ぶちゃかす」しかしっくりこないな。

 

辺り一面に散らばる亀と石と亀汁。亀汁のダメージがデカい。ただの水ではない亀汁が広がる床。絶望アンド絶望。「なにやってんのよ、どうすんのよこれ、最悪やん、めっちゃ最悪やん」と怒る私。次子は亀と石を水槽に戻し、亀のダメージの心配をしていた。うん、生命は尊いよね。が、亀汁よ。私は雑巾とバケツを取りに行き、雑巾で亀汁を吸い上げてバケツに絞り落とす作業を繰り返し、あらかた水分が無くなった後には乾いた雑巾を使い、そしてアルコール散布。その辺りで子供たちは登校。次子は「水槽に新しい水を入れてベランダに出しておいて」と言い残し。

 

亀汁が染み込んでいそうなのでスチームクリーナで改めて清拭。朝っぱらからどっと疲れた。そして改めて水を入れて水槽をベランダに出した。亀が元気に泳いでいたのを見て、ようやく私は亀の無事を安堵した。私って人間出来ていないな、と残念な気持ちになりながら。

 

話は変わって。

昨日の私の記事へのコメントでトピシュさんから「妖怪ウォッチ」とお題を頂戴したので描いてみた。幸い今夕テレビ東京で妖怪ウォッチを放送していたのでバッチリ予習出来た。

f:id:Qka:20150522221227p:plain

なにかちょっと違う気もするけれど、遠くは外れていないはず。

が、これを意気揚々と描き上げた時に思い至った。トピシュさんのお題に忠実になるならこっちか!と。

f:id:Qka:20150522222344p:plain

キャラではなくウォッチの方。