ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

自虐と高慢

私は基本的にネガティブな性格で後ろ向きな方向に物事を考えてしまう質なのだけれど、それをなるべく人には言わないようにしている。相手がそれを否定しないと治まらないような言葉を投げつけるのは迷惑行為だと思うので。

 

しかしながらパートで働き始めた先では、しばしば自虐的なことを言いそうになる(いや、実際数度言ってしまった)。「私がうまく対処出来るようになれる気がしません…」とか「私がここに来てかえって迷惑になってしまってすみません…」みたいな発言。現実に私が本気で懸念していることなのだけれど、相手にしてみたら「そんなことないよー、大丈夫だよー」と言うしか無いような。どんなに本気で思っていてもやっぱり言わない方が良い。自分のために相手に気を遣わせるようじゃダメだ。

 

自虐の代わりに「がんばります」とか「次にうまく出来るように練習させてください」など、ポジティブな言動をするように気をつけて実践しているのだけれど、完全にポジティブなふりをするネガティブ人間。底からポジティブな人は本当に心の底からポジティブなのかなと疑念を持ったり。有り得ないでしょ、と。

 

私はここ数日、このブログで(現段階では)下手な絵を晒しているのだけれど、本気で「上手くなるから見ていてね!」くらいの気持ちでいる。多分この部分は根っこからのポジティブ。

 

それらの違いについて少し考えた。パート仕事と趣味ブログではいろいろ条件が違うのだけれど、思考回路がこうも違うのはなぜか、と。

で、思い至った。自分が本当にダメだと思っていることに関しては自虐しないのだ。ちょっとの自信とか高慢が自虐に繋がっている。他者から自分を肯定されたいから自虐しているのだ。

 

そんなことを考えながら今日は「何らかの事件後」の絵を描いた。

f:id:Qka:20150514224811p:plain

ストーリー性まであるとは上達著しい。