ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

肛門期

最近たくさん「ブログの書き方」についてのエントリを見かけるなと思っていたら、はてなの旬のトピックになっていた。そういう流れがあったのか、と思いつつ私はこれまでどんな気持ちでブログを書いているかを何度か書いていたので、今回改めて書くことはないのだけれど、ちょっと乗っかりたい気持ちが無いことも無いので少し。以前の繰り返しになる部分も有り。

 

・その時思ったことやその日考えていたことなどを夜に酒を飲みながら書くことが多いです。

夜に書くので情熱的になりがちなのですが、アルコールが回ってくると「こんな感じで終わり!」みたいに適当に締めて公開してしまいます。推敲もほぼしません。情熱的なのに緩い。冷静と情熱のあいだってことで良いかと思います。冷静は介在しないけれども。読んでくれている人は酒をともに飲んでいるわけではないのに通じているのかは常に疑問ですけれど、もしよければこれからは「酒飲みが書いているモノ」として読んで下さると色々許せると思います。

 

・ほぼ書き捨てです。

その日あったことや考えたことなどを適当に書いていて、反省を書くこともありますが、それを今後発展させたいと思って書いているわけではありません。ブログ全体を通して矛盾することも多々あると思いますが、日々書き捨てなので気にしません。しかしながら発展しないとは言い切りません。この、今まさに書いているモノが今後壮大なミステリー展開をすることも否定しませんよ。

 

・基本的に、だ・である調で書いています。

語りかけは苦手なので「ですよね?」みたいな同意を求める感じになることを避けます。恐がりです。「思わねーよ」と言われることが嫌なので自己完結します。皆さまお構いなく方針。今回のこのエントリは、です・ます調で書いていますがもう尻のあたりがもぞもぞしてたまりません。「誰もお前のブログの書き方なんて聞いちゃいねーよ」と正面から言われている気分に早くもなっています。自意識過剰です。

 

・誰のためにもなりません。

「参考になった」と言われるようなことがほとんどないことを信条としています、くらいのブログです。王様の耳はロバの耳ブログなので、ここは穴です。穴の付近にいるモグラくらいの気持ちでいてくださると有り難いです。もし私が誰か分かってもそっとしておいてください。しがない王様専属の理髪師です。

 

・楽しく(愉快でないときもあるけれど)書いています。

頭の中にグルグルしているようなことを文字にして出すことは気持ちが良いです。伝わるように、とは思っていますが、出すことでスッキリしています。フロイトの肛門期です。肛門期のアラフォーのブログですね。うんこです。

 

今回は書きはじめからアルコールの影響下であったことを告白して終わりにします。