読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

分かりやすい文章と魅力的な文章

私は常日頃から分かりやすい文章を書こうとしており、それはなるべく頭にするっと情景が入ってくるようなものを理想としていて、考え方に理解を示してもらうためではなく私の考えをそうなんだねと分かってもらえるといいなという感じで、私の頭の中にあるものと近いものが読んでくれている人の頭に入ればいいなと考えているのだけれど、そのためにはなるべく正しい言葉を選んだり簡潔にしたり、また簡潔にし過ぎることのないように、そして私には読点をついつい省いてしまう癖みたいなものがあるので読点を意識的にうったりなどと一応それなりに注意して書いているのだけれど、それとは別に魅力的な文章というものも世の中にはあって、その魅力は人それぞれで好みが分かれるので、どういうものが魅力的な文章かは断定出来るものではないいし、それを好まない人にとっては分かりにくい文章と捉えられて嫌われる場合も多々あると思うし、好みが違う者同士が優劣の意見をぶつけ合うことは不毛でさえあるかもしれないが、私にとって今までで一番心に残っている文章のことを少し書かせてもらうと、現在自衛官として活躍中のハルキという名の中学の時の同級生が走れメロスの読書感想文として提出した文章であり、それは原稿用紙3枚に及んでいたが、句点が最後にひとつきりの一文で構成されており、内容としてはあらすじを多分に盛り込みつつのメロスとセリヌンティウスの友情に感動したとかいう割と陳腐なもので、物凄く読みづらいし分かりにくかったのだか、私の脳内の文章カテゴリに強烈な存在感をもって残っているので、今回その同級生の真似をして最後にひとつ句点をうって終わりにする。