読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

大部屋

つれづれ

夫の実家と私は多分うまくいっている。夫と結婚してから1年ほどした頃に一度大きな喧嘩(舅対私)をしたことがあるが、お互い不満を思い切りぶつけ合ったので、その喧嘩のあとには黄昏の中「お前のパンチなかなか効くじゃねぇか」とか言いながら肩を組む学ラン男子たちのような関係に落ち着いた、と私は思っている。まあ向こうがどう思っているかは知る由もないが。そして知らない方が平和。

 

数年前一度、一緒に3泊4日の旅行をしたことがある。夫の母と風呂にも入った。まあ幾分息の詰まる旅行だったけれど楽しかった。夫の母と風呂にも入った。何かしらの手術痕を見せられて返答に窮したのも良い思い出。

 

そして今年のゴールデンウィーク。再びの旅行が決まった。2泊3日。すべての手配とすべての支払いをしてくれる夫の両親には感謝するのだけれども。いや、本当にありがたい。祖父母との旅行に子供たちも喜んでいる。

 

「1日目の旅館が混んでて2部屋取れなかったのよ。だから1泊目は大部屋にそちらとうちと一緒ね」と夫の母。なんということでしょう…私以外全員血縁の大部屋に私、どのように存在したらいいのか。布団を並べて睡眠するなんて息が詰まるどころの話じゃない。大部屋ってどれくらい広いんだろう。体育館くらいあればなんとかなるのに!