ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

男子の性の目覚め

男性は知りたくないことだろうけれど、実際母親というものは割合開けっぴろげに息子の性の目覚めについて他の母親と話していると思う。私は姉妹育ちの息子もちで、男子の性的なことは教科書レベルでしか知らず、夫に任せきりにしたいところなのだけれど、一応どんな感じの道をたどるのかを先輩の母親に聞くことがある。先輩母たちはガッツリ教えてくれるので有り難い。

 

で、ちょっと気になることを聞いた。かいつまむと、

『昔は兄からのエロ本のお下がりを弟が同級生に回覧させたりしていたのでそれなりのエロ情報が年下世代に自然と伝播された。また、道端や公園にエロ本が落ちていたりもした。そしてAV鑑賞会みたいなものも実施されており、兄からのお下がりビデオで年下世代はエロ知識・エロ情報を共有できた。しかしながら少子化と親の意識の高まりによって最近の子供はエロに触れる機会が極めて少ない。ほどよい時期にほどよいエロに触れることが健全な性の成長に不可欠。それを逃すと特異な性癖(猟奇的だったり?)をもつようになる危険がある』といった内容。

 

なるほど。確かにそうかも。それが特異な性癖に繋がるかは分からないけれど。今どきは雑誌やDVDを入手せずともインターネットにエロ関連は山のようにあるけれど、子供たちがむやみに触れられるようにはしていない。この制限を長子限定に解くべきか…とかちょっと思ったりするが、それを母である私が「エロどうぞ」みたいに解除することも気色悪いこと極まれり。

 

知人の子息はネット制限に我慢ならなくなってパスワード(知人は「母親の旧姓は?」にしていたらしい)を祖母に電話をして「学校の宿題」などと巧妙にだまして祖母の旧姓を聞き出して制限を突破したらしい。振り込め詐欺まがいの手腕。

このくらいのエロへの渇望を期待(?)して制限はとりあえずかけ続けようかと思っている。気色悪くなりたくないし。

 

ところで夫は思春期に自慰の真っ最中を母親に目撃されたらしい。不幸な夫…。多分夫の母は知人友人に「見ちゃったのよー」と言ってることだろうけれど、それは夫に言わないでおく。20年以上経ってても多分ダメージはでかい。

広告を非表示にする