読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

TKG tamagokakegohan

卵かけごはん、味は好きだけど食感が苦手。白身が鼻水(粘度高め)みたいで。私は貧相な食卓育ちで、おかずが侘しい時には母がよく卵かけごはんを薦めてきた。栄養を卵で摂る算式で。カレーにも生卵を否応なく投入されたし、時には味噌汁にも入れられた。卵の栄養価の高さを恨む食卓、でもいつも生でなくて良くね?

 

ある日母に、卵かけごはんは良いけど白身が嫌なんだと白状した。いや、卵かけごはんだけじゃなくてカレーでも味噌汁でも生の白身は嫌だったのだけれども。母は白身を自分のご飯茶碗の白飯の上に入れ私の茶碗に黄身だけを入れてくれ、自分の茶碗にさらにもう一つの生卵を割り入れた。私の卵かけごはんはパサパサとしていて母の卵かけごはんはズルズルし尽くしていた。

 

今日の我が家の献立は、回鍋肉とグリーンサラダとほうれん草のソテーと味噌汁。献立はいつもながらに苦手だ。どれもこれもしっくりこないばかりか野菜が多過ぎてタンパク質が足りなかった。こんな時には決まって長子と末子から卵かけごはんを要求される(次子は生卵アレルギー)。

 

長子と末子は外遊びで腹ペコ状態だったらしく、「どんぶりご飯卵2つ」とのオーダー。粘度の高い鼻水2つ分とはすげぇな…とか考えながら用意してやった。ズルズル食べていたね。

 

ところで話は全然違って英語の話。

長子は今英語学習ブームらしく何やかやと「これは英語で何?」と聞いてくる。今日は「理由って何て言うの?」だったので「リーズン」と答えたのだけれど、どうせすぐに忘れるんでしょと思ったのでちょっとひねりを加えてみた。ひねりには長子のクラスメイトの岡田くんを使った。岡田くんはずっと坊主頭で「絶対野球チームに入っているでしょ!」な風貌なのにぜんぜんインドア少年で。長子に何度か「岡田くんはホントに野球してないの?」と聞いているのだけれど「してないって。趣味で坊主なだけやって」と答えられている。今日、長子に「岡田くんは『ノーリーズンゴブガリアン』」と教えた。

これで「reason=理由」と覚えてくれたまえ。ゴブガリアン(5分刈りの人)は和製英語ですよ。