読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

雛人形

本来、女子が1人生まれるたびにひと揃えの雛人形を用意するものらしいが、我が家には2人の女子がいるのに雛人形はひと揃えしかない。私は3人姉妹で育ったが、実家にはやはりひと揃えしかなかった。人数分用意するのは金額的にも手間的にも収納的にも厳しいのが現実かも。2人目以降が小規模になるなら共有が平和かも、とも考える。

 

今、我が家のリビングには雛人形が飾ってある。私の実家に買ってもらったものだ。私が「木目込み人形」という種類を指定した。一般的な日本人形の中でも怖さが少ないと思うので。人形というものは押し並べて恐い。ぬいぐるみでさえ恐い時があるし。

 

ちなみに実家の雛人形(一般的な日本人形)はガラスケースに入っているものだったのだけれど、そのガラスケースの上部は幼少期の姉によってぶち抜かれていた。内部の総勢11人の人形と装飾品はガラスの小さな破片に覆いつくされていたので超アンタッチャブルだった。「触ったら血ぃ出るで」と注意され続けていた。不気味な風貌に加えて現実的に危険な存在であった雛人形

 

今、我が家にある雛人形は小規模ながら自分で並べる。木目込み人形なのでそんなに恐くない。が、「触ったら血ぃ出るで」のイメージが強過ぎるので、「雛人形=触ってはならない」感覚が強い。そしてやはり木目込みでも何でも人形は恐い。

 

女子のお祝い的な存在というより恐怖対象。さっき見たら三人官女の右端の柄杓がずれていたのだけれど、まだ直していない。触るの恐い。もう夜だし。

 

 

今週のお題「ひな祭り」