ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

蕾~つぼみ~

小学校からワコールの案内書面が配布された。


ワコール ツボミスクール|出張型・下着教室

 

小学校高学年女子の体の発育と下着選びのポイントを教えてくれるらしい。うん、運動会などで見かけるノーブラ高学年女子のフルフルした胸元はとても気になる。イエスブラの女子の胸元には安心感がある。ちょっと早すぎるくらいで我が家の女子たちはイエスブラにさせないとな…とフルフルを見るたびに思う。下着選びは母としてそろそろ学んでおかなければならないところだ。

 

ところでツボミスクールってネーミングにエロスを感じるのは私が薄汚れてしまったからなのか…。蕾って!もっと他になかったの?なんなの、蕾って!

例えばファーストブラジャースクールとかはっきり言い切ってしまった方がエロくないと思うのだが。「今日、蕾スクールに行ってきたのよ」とか言われたらもうとんでもなく生々しい昭和の官能小説の世界みたいなエロを想像してしまうと思うのだけれど、これって私だけか?

 

ところで話はちょっと変わるのだけれど、先日7才女子と4才・2才の男児をもつ母から「男の子2人のモノの大きさが全然違うの。上の子が短小なのかな、下の子が巨根なのかな。こんなに差があっていいのかな」と相談(?)された。私は「私、男の子は1人しか産んでないから兄弟の差とか分からないなー」と曖昧に逃げながら、『どれ、私にちょっと見せてごらん』と返事をした場合のパラレルワールドを夢想した。