読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

専業主婦、悩む

つれづれ

末子が小学生になって私はだいぶ楽になった。幼稚園の頃は送り迎えと降園後の公園(お?ダジャレだね!)に付き添うので、忙しいとは言えないけれど、時間的に自由に出来ない縛りがあった。幼稚園なので平日のイベントも多い。それでもパートタイムで働いている人は少しいたが、延長保育が時間単位でかかってくる上に5時までしか預かってもらえないので働くには好条件とは言えないものだったと推察する。

 

私は長子出産を機に仕事を辞めたのだけれど、夫も私も「母親は専業主婦」を希望していたのであっさりと当然のよう私は専業主婦になった。夫は忙しい職種で出張もたまにある。土日祝は基本的に在宅だけれど出張が長引く時があるし、平日も9時前に帰宅することは少ない。家族で食卓を囲むのは週末限定になってしまう。当然、家事はほぼすべて私が担当しているし、日常的な「子育て」は私が担っている。何か早急に対処しなければならない問題があれば夫に連絡してASAPで帰宅要請。が、これは頻繁に発動出来ない、夫の仕事に支障が出るので。急ぎでなければ翌朝や週末に家族が揃う時に対処するという感じ。

 

夫と私の希望として「ただいま」と言える相手がいる、宿題の質問やちょっとした悩みをすぐに言える相手が常にいる、がある。我が家の場合、夫がこのまま同じ仕事を続けるならこの「相手」にはなり得ない。そして私しかいない。

 

末子が小学生になって私はとても楽になった。送り迎えも公園の付き添いも不要になった。私は4年連続で幼稚園と小学校PTAの役員をしていたので何かと雑用があったのだけれど、今年度にてPTA任期終了になるのでかなり暇になる。末子の小学校入学をもってパートタイムも出来る状態だったけれど、PTAを終えてますます暇ができる。

 

働ける。うん、今春からは余裕で働ける(末子帰宅までの数時間だけれど)。夫にそう言うと「まだいいよ。今まで大変だったから少しゆっくり趣味のことでもしてみたら?」と言ってくれる。なんて優しい!!夫は日々忙しく朝から夜まで働いてくれているのに申し訳ない気持ちになっている。それと同時に、働くとしても夫に家事を割り振るような働き方はしたくない、とも。

 

最近の私のPTAの雑務がない日は、午前中に洗濯(パジャマ程度)・掃除・買い物・夕飯の下ごしらえ、午後は趣味のことをしながら子供たちの帰宅を待ち、宿題を見て風呂・夕飯・洗濯の流れ。超ラク。

 

収入的には夫の月収と所有不動産の家賃で悪くない。悪くないけれども子供たちが「私立医学部」進学希望と言い出せばめちゃくちゃヤバイ程度。貯蓄を増やすには増やし過ぎることは無いので私がパートタイムでもして収入を増やすべきか、と。が、この年齢になってそれでも「これ、私めっちゃ得意です」と言えるものがないという事実。そうすればパートタイムは接客に的が絞られる。そのような求人も多く見る。が、私は人付き合いが極めて苦手だ…。悩む。「手に職をつける」の意味を今更になって痛感する。資格はあっても実務経験が少なすぎる。3年間なんてド素人同然だ。貯蓄を増やすには接客しかないのか…、それとも夫からの甘言を真に受けてのうのうと暮らすか…、悩む。4月、PTA任期満了までに決心したいと思うところ。

 

※我が家限定のことです。世の中の専業主婦の皆さまをディスるつもりは皆無です。