読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

洗濯物

私は洗濯を夜にする派だ。

バスタオルなど濡れたものを翌朝まで持ち越すくらいなら紫外線の助けを借りずともスッキリしたいと思って。紫外線の威力と洗剤の威力がどちらがどうとか全然知らないけれど。

T-shirt

photo credit: Otota DANA

平日の夜は私が洗濯機のスイッチを入れて、外に干すまでをする。

土日祝の夜は夫が干してくれることも多い。そして夫は何度注意しても私の下着を広々と広げて干す。まるで海辺の商店のイカのように。

良く乾くようにとの配慮なのだろうけれど、私としては小規模に奥まって干して欲しいのに、そんな私の乙女心を無視して夫は盛大に何個もピンチを使って私の下着を広げる。何度も「そこまで広げなくても乾くよ」と言ったが従う気ないようなので、私の乙女心と拮抗するくらいの「イカさながら干し」への男気があるのだと解釈する。納得は出来ないけれども。

 

そして夫のカットソーなどは普通にハンガーに掛けても乾きにくい。脇の部分がいつまでも湿っている状態なので私はハンガーにピンチでカットソーの裾を留めて干すようにしている。両袖が下にだらりと下がるように。

私はそれを「バンザイ法で干す」と名付けているが、正確には「逆バンザイ法」だなと思った。もしくは「逆さ吊り法」。それはネーミングとして景気が悪いので「バンザイ法」で良しとする。