読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

韓流ファンからのお誘い

つれづれ

身近な知人に韓流ファンがいる。その人は子供たちの習い事に関わる人なので滅多な対応は出来ない。そんな人から韓流へのお誘いをしばしば受ける。以前は軽く「DVDを貸そう」とかだったのだけれど、今日は「一緒にコンサートに行こう」、「韓国のイケメンがいる居酒屋に行こう」と誘われた。

Korean Dolls

photo credit - Zhao!

私は韓流に限らず、アイドルや俳優のファンになることがない。小学生の頃から専ら洋楽を聞いていたので「ファン活動」をする習慣が身につかなかったせいかもしれないし、関係ないかもしれない。

 

特に韓流は、かつて「冬のソナタ」が流行った時に一度レンタルしてみたが、3音節で構成される人々の名前が判別し難くストーリーを終えずに断念した。それ以来、韓流に苦手意識がある。韓国スターの容姿も実は苦手だ。

最近の日本人の多くに「嫌韓」意識があるらしいが、私は特に「韓国が嫌い」というわけではない。

 

しかしながら、その人に「韓流が苦手」とか言おうものなら、「あなたって韓国に悪感情を持っているのね!今、日本人にそういう人多いよね!」と思われそうだし、その人が好きと言っているものを「苦手」と言って断ってしまうことに申し訳なさも感じる。

 

ちょっと考えてから「私、実はイケメンって苦手なんです。イケメンも50歳を超えたら好きになれそうなんですけど」と言ってみた(実際これも割と本心)。

そうしたらその人は「ああ、イケメン苦手なら韓流は無理だわー。みんな恰好良過ぎるもんねー」と嬉しそうに納得してくれた。

 

良かった、誰も傷つけずに断ることが出来た。