ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

大掃除の計画(備忘録)

①あらゆる引き出し、戸棚の中身を出して要・不要の区別。

②エアコン、照明、PC周り。

③洗面台、トイレ、風呂。

④冷蔵庫の中、食器棚、換気扇。

⑤ドア、床、ベランダ、窓、網戸、玄関。

キッチンと窓は最後の方にすること。最初の方にすると、油を使う料理に神経質になってしまう、雨の日に悔しい思いをする。上記手順でいけば最少枚数の雑巾で終えられる。

 

大掃除は元旦に年神様を迎えるため。敬虔な神道信者というわけではないけれど、年神様のご機嫌取りはしておきたいというところ。

 Vintage Bon Ami Polishing Cleanser Can Novelty AM Radio, Made in Hong Kong

photo credit - Joe Haupt

毎年年末が近づくと「しなきゃ…、でも面倒…」の気持ちと闘う。迷ったところで結局するんでしょ、という諦めの気持ちが湧き起り始めたあたりで突然火がつく。うぉぉぉ!やるぞ!と。もうその辺りになると年神様のことなんて意識しなくなる。私を動かすものはドーパミンやらアドレナリンやらになってくる。

さっき数えたら我が家の引き出しは67個あった。冒頭の手順①で数日かかる。12月に入ったら始めないと。

 

冬休みに入ったら子供たちに自分のエリアの掃除をさせる。夫は戦力外。と言うか、夫が休みなら家族みんなで遊びたいもの。

 

私の姉は超リアリストなので「こんなに寒くて水も冷たいような時期に大掃除をするのはナンセンス。春にやるのがベスト」と言う。「厳しい時期だからこそやる気が出るのよ」といった精神論では姉を論破出来ないので、姉に嘲笑されながらも私は年末に奮闘する。