読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

焼きおにぎり

先日この地域の防災訓練で紹介されていた「非常用トイレ」を買うために車でホームセンターに出かけた。

ちなみに非常用トイレは災害時にとても重宝するもの。マンションや堅硬な住宅でも、水道がストップすればトイレが使えなくなり想像するだに悲惨な状態になってしまう。消防署員や区の防災担当者も「食べられないことよりも排泄できないことで病んでしまうことがあります。食べられなくても数日は大丈夫ですが、排泄は1日すら我慢できません」と言っていた。

焼きおにぎりphoto credit - Koji Horaguchi

ホームセンターで目当てのトイレを購入し駐車場へ向かう途中、60歳前後の夫婦の会話が聞こえてきた。焼きおにぎりについて軽く、でも真面目に話している。「あれはなんだったのかな」「焼きおにぎりみたいな、ね」「そうそう、でも違ったよね」「私はあんなの食べたことがなかったわ」「そうだね、ちょっと変わっていたね」「美味しかったけど普通じゃないわね」という具合に。

とても気になる会話だったので普段早歩きの私だけれど、夫妻と歩みをこっそり合わせて続きを聞く。

 

駐車場に出て車に向かうとその夫妻の車は偶然私の車の隣だった。そして私はさらに動作を緩めながら車の後部にトイレを載せ、ギリギリまでその変わった焼きおにぎりの話を聞こうとした。

「今まで私が食べてきた焼きおにぎりは何だったのかしらと思うくらいの…」まで言ったあたりで妻が座る助手席のドアが閉まった。

 

こんなに余韻の残る盗み聞きは稀。

夫妻が食べた焼きおにぎりは一体どんな焼きおにぎりだったんだろう…。