ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

してくれようとしただけでもう半分以上してもらっている

だいぶ前に読んだ本に書いてあった考え方だと思う。誰かに言われた言葉ではないと思う。

 

私は本を読むときに頭の中で声を出さない(変な表現だ)ので本の内容が記憶に残りにくい。学生の時に教室で音読したものは覚えているし、泉鏡花のような美しい文章なら頭の中で音にしているので記憶に残るけれど、ザクザク読む本はつうつうと頭から消えて行ってしまう。

 

「してくれようとしただけでもう半分以上してもらっている」もザクザク読んだ本に書かれていたけれど、他は流れ消えてこの部分だけが残ったのだと思う。残ったものが強く私の意識に浸透した様子で日々の生活でよくこの言葉を言っている。

 

子供たちは「なんでありがとうなん?結局何もしてないで」と言うけれど、「しようとしてくれた気持ちで半分以上は助かったから」と返す。そうすると「また何かあったら言ってな」と言ってくれる。とても好循環。

 

私は人の迷惑になることを恐れるあまりに行動できないことが多い。物を落とした人やカーディガンを裏表逆に着ている人など明らかに言葉を掛けてあげるのが正解な場合は声をかけるけれど(ボタンをずらして嵌めている人には声を掛けない、ファッションの可能性があるので)。家族以外の人にも親切にしたいな、と思うもののなかなかハードルは高い。自意識過剰気味な性分なので。

 

先日「最近目が疲れる」と夫に言ったらこういうものをくれた。

無駄にカッコイイ。ドラゴンボールスカウターロボコップのようにカッコイイ。コレジャナイ感を拭えないけれど私のために夫が買ってくれたものなのでその親切な気持ちが有り難い。コレジャナイとは思ったけれど、これはこれでとても使用感の良い品物です。