ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

歯並びが良いのは親孝行

大学生の時に歯列矯正をした。下は矯正不要だったが上は左右に八重歯があり、八重歯の下の歯は奥に押されて凹んで生えていた。

アルバイトで稼いだお金をつぎ込んで歯列矯正。数十万支払った。自分で稼いだアルバイト代と言っても当時親から学費を支払ってもらい、1人暮らしの仕送りもしてもらっていたので「自分で」とは言えないのだけれども。

Braces Wooden Teeth Exhibit Children's Museum Macro April 17, 20111

アメリカ人一般家庭に高校時代にホームステイしていたのだか、そこの母親に「あなたも歯列矯正すれば?自信を持って笑顔になれるわよ」と言われた。純粋なアドバイスで悪意は無い。そうだからこそ余計に「自信を持って笑顔になっちゃいけないんだ…」と思ったし、歯列矯正を受けたくなった。アメリカでは歯並びが悪いのは「低階級の証し」という価値観があるらしい。

 

日本でも以前に比べて歯列矯正は一般的になってきていると思う。歯並びは見た目だけの問題ではなく、「姿勢・咀嚼(内臓負担)・口腔内衛生」にも関わってくる。

しかしながら、「高額・痛み・期間が長い」などマイナス点もある。日本では「歯並びが悪い=低階級」の価値観は無いと思うけれど、プラス要素マイナス要素を考えて歯列矯正を子供に受けさせる親が増えているのだろう。

 

我が家の子供たちも歯列矯正を受けさせるつもりだ。「永久歯が生え始めたらすぐに」と「永久歯が生えそろってから」は子供の顎の状態で判断されるらしいが、我が家では息子と次女が「永久歯が生えそろってから」と言われた。長女は顎が広く歯が小さいので矯正の必要が無いかもしれない、とのこと。

Money

以前知人が「歯並びが良いのは親孝行」と言っていたけれど、歯列矯正させる派の親にとっては金銭的には確かにそうだな…と思う。というか、歯列矯正メリットデメリットはいくつもあるけれど、金銭面の比重はかなりデカい。複数子供がいるなら特に。