読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

ブログを書くことについて

かれこれ10年以上ブログ的なモノを書いている。

 

最初はメールで現状の思うさまを複数人数に一斉メールで送っていた。これは若干迷惑行為だなとも思っていたのでミクシィに移行。

 

ミクシィでは実名で書いていたので私の過去と現在を知る人が読んでいた。それはそれで本音を書きにくいので次第にFacebookに移行。

 

Facebookでは限られた知人に短文+写真で現状を詳らかにしていたのだけれども、Facebookの本質が「リア充自慢」だということに気づいてフェイドアウト。

 

で、次がアメブロ。ここは結構楽しかった。素性を隠して日常を晒す快感、というかストレス発散。が、読者が増えてきてバレが怖くなって退散。

 

そして今ココ。ハテナ。ここではバレの無い範囲で限りなく思うさまを書く。もうひとつ別のブログも別で開設してみた。そこではハテナの私とは違う私の思うさまを書く。思うさまを書くなら一緒じゃない、とは思うものの違うのだ。「私」という存在は世間から見ればクダラナイ一個人だけれど、中身はもう少し多面性を帯びている。嘘は書きたくないので全部事実ですよ、残念ながら。

Fotografia em preto-e-branco

他者のブログを見るのは好きだけれども、自分と同様他者様も一元的では無い。不幸自慢しているようなブログでもその人は完全なる不幸では無い、と。

自分の多面性は認めるのに他者の多面性は認めない気持ちになりがちなので備忘録的に今日書いてみました。

 

なぜ私がブログ的なモノを書き続けるか。それはもう「王様の耳はロバの耳」的なハケグチを求めて、しかない。