読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

「パパがいないと生きていられない」と言う妻

つれづれ

私の知人が「パパがいないと生きていられない」とよく言う。

パパとはその人の夫なのだけれども、その人は夫が一家の主柱であって自分は完全なる庇護下にいるのだと言う。専業主婦、3児の子持ちで。

Teacups

聞くとその家庭では、日々の家事は妻がこなしているものの、家計の管理、保険のこと、貯蓄のこと、教育のこと、食材以外の買い物…などなど夫が完全に独断で決めているらしい。そして妻はそれを「助かる、頼りになる」と思っている、と。

 

ヨソサマのご家庭のことなのでそこの夫婦はそれでいいなら私は関係ないのだけれど、その妻と話すたびに「大丈夫?」と思ってしまう。

 

私は「夫がいないと生きていられない」なんて思ったことは無い。夫がいないととても面白くない人生になってしまうし、現在は金銭的に夫の収入に「依存」している生活だけれど、「生きられない」ことは無い。自分も生きるし子供たちも生かす。

 

多分私の夫に「あなたがいないと生きていられない」なんて言ったら夫は凄く困ると思う。この家庭、この生活を一緒に営んでいるのにアナタは子供じゃないでしょ、と言われそう。うん、そうだ。私は子供じゃないし、責任も持っている。

 

が、世の中にはやっぱり「あなたがいないと…」と言われたい男性はいるのかな、とも想像する。そう言われると嬉しかったりするんだろうな、と。

 

無いわーと思いつつ、適材適所、夫婦はそれぞれでうまくいっているものだな、と感心してみたり。