読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

結婚

自己紹介

夫と出会ったのはもう私の人生における最強のラッキーなことかと思う。

今はもう落ち着いたものでラブラブとかそういう気配は皆無なのだけれど、楽しく毎日過ごしている。私の言うことに夫は失笑もしくは苦笑い、夫の言うことに私は爆笑みたいな関係。

 

夫とはお互い新卒で就職した会社で知り合った。と言っても、夫は東京採用組で私は大阪採用組。新人研修は合同だったのでその時に猛烈に恋愛に至った。

 

恋愛を貫くために夫は辞職して大阪へ引っ越してきた。私も新卒入社の会社を辞めた。そもそも就職氷河期で内定をもらえたから入ったような会社だったので辞めることは躊躇せず。

 

大阪で同棲し、夫は私の実家へ挨拶に来て結婚まっしぐら。ちなみに私からプロポーズした。出会って1ヵ月ほどで。で、出会って10ヵ月で入籍。

 

結婚は勢いとは良く言ったものだと思う。若さという勢いも加わって勢いのみで結婚したと言っても過言では無い。

 

ちなみに暴君の私の父は、私の結婚に際して「大学を出してやって、留学までさせてやったのに23才で結婚など…」と言った。その時思った。子供の知的欲求を満たしてやるのは親として喜び、その後に子供が選択する人生に口を挟むのは無しだ!と自分の子供には思いたい、と。

 

いやはや親から学ぶことは多い。

知識は欲求の結果であってツールにもなるけれど、知識=ツールではない。

 

私は私の子供たちに幸せになって欲しいだけでその他のことは望まない。ありがとう、お父さん。GJ反面教師!

 

お父さん、勢いで結婚した割に夫はお父さんと真逆のタイプで良かったです。