ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

思い出

レバー

生レバーをごま油と塩で食べると美味だった。かつて実家の母は、近くの精肉店で1キログラム程度の生レバー塊を買ってきてスライスし5皿に等分に盛った。それは食事のおかずとしてではなく、間食としてのものだった。父は酒の肴にしていたが、父以外にとっ…

アメリカのブラウン大学に合格する夢をみた。夢の中の自分は若いころではなく今の自分で、38歳で子供も育てているのに我ながらよく頑張ったじゃないの、と歓喜していた。それなのに夢の中には夫も子供たちも登場せず、私は母に合格を報告して褒めてもらお…

井の中の蛙

芸能人のアレコレで誰々がラジオでナントカと言ったなどという記事を読んで、ラジオは今でも楽しく盛り上がっている世界なのかと懐かしく過去を思い返した。 今は車内でFMの洋楽チャンネルをごくたまにかけるくらいだが、中学生の頃はAMを聴きまくっていた。…

背中

重く冷たい布団と硬くひんやりした毛布しかなかった。冬場に冷たい布団は容易には暖まらず、姉と2人で寒い寒いと言いながら身を寄せ合った。エアコンは居間にしかなく、暖房は石油ストーブに頼っていたので就寝中には点けることが出来ずに室温はどんどんと…

クリスマスの過ごし方

クリスマスイブは今でも恋人たちのイベントなのだろうか。もう久しく家庭にいるので恋人関連に疎くなってしまっている。私がクリスマスを意識しだしたころにはバブル世代が猛威を奮っていたので豪華なレストランやらブランドの高価なアクセサリーやらヘリコ…

フジカラー

カセットテープの思い出をテレビで加藤浩次たちが話しているのを聞いてから色々と思い出した。テープレコーダーは物心ついた頃からあった。ビデオデッキは低学年の頃、CDプレイヤーは中学生の頃だったか。どれも新しいもの好きの父が買ってきた。 カセットテ…

勢い

大学を卒業して数週間で夫に出会い、約1ヵ月後に私から結婚を申し込んだ。よく芸能人が〇〇婚とか言っているけれど、私たちの場合は勢い婚だろうなと思う。結婚というものについて深く考えることなく、結婚するぜイェーイみたいなノリで。 22才だったので…

ブレス

接客のパートタイムをしていて、慌ててしまうと物凄く早口になってしまう。ゆっくり話さなければと気をつけるのだけれど、ゆっくり話すと噛むことが多い(日々気になる不思議現象のうちのひとつだ)。そして、私以外の人も慌てている時には凄まじい早口で接…

岩倉先生

人によっては薄気味悪い話。 私は言葉を話し始めるのがとても早かったらしい。第3子だったせいか、1歳になる頃にはまともに会話をしていたらしい。記憶と言語の関係からか私は1歳過ぎくらいからの記憶がある(当時住んでいた家の間取りや町の様子、近所の…

屋根

私の実家は一般的な二階建てで、2階からは1階部分の屋根へ出られる。日当りが良いこの屋根は布団を干すに適しており、晴れた夏には午前9時頃から焼けるような熱さをもつ。布団を干す際にはスリッパを履いて屋根に立たなければ足の裏を火傷してしまうほど…

魔女っ子

最近、魔女っ子関係をネットで検索してとても懐かしい気持ちになっている。リアルタイムで見ていたものもあれば、魔女っ子メグちゃんのように再放送で見ていたものもある。私が子供の頃は今よりももっと頻繁に子供向けアニメが放送されていたと思う。手塚治…

はなのこるんるん

多分、花の子ルンルン。これを書き終えてから検索しようと思っている。先に調べてしまうと何も書けなくなると思うので。 花の子ルンルンとはテレビアニメであり、私が幼少の頃に放送されていた。私の姉たちが私がルンルンに夢中なことを嘲るように話していた…

社長の犬

※オチのない思い出話です。 父はかつて小さな会社に勤めていた。社長とデスク同士も家族同士も距離の近いような。 私の子供の頃は好景気だったらしく、社長は成金を絵にかいたような風貌をしており、羽振りが良かった。子供が3人おり、犬を飼っていた。犬は…

conkな味わい

今日、カルピスを買った。ウォーターやソーダではなく、5倍に希釈するタイプのカルピス。小さなプラスチック製のカップがオマケでついてきた。そのカップの下部には「うすめ」「おすすめ」「こいめ」と3段階の印がついており、お好みに応じてその印まで原…

ガマノホ

私が育ったところは海以外の自然に恵まれた田舎で、田畑が広大なので川と用水路が随所に流れていた。川や用水路には蒲が茂っている箇所があり、夏の終りか秋になるとガマの穂が実った。 Photo credit: Ryan 川や用水路は私が歩く道路よりも地形的に深くなっ…

ペルーの匂い

関東に引っ越してから風が強いなとよく思う。風があるせいで夏も関西よりは辛くないような。 風が強いことの影響をそんなに考えていなかった10年ほど前、風呂場の窓を開けたまま出掛け、帰宅後見ると風呂場一面が砂だらけになっていて驚いたことがある。な…

でばがめ

私が通っていた中学校は校則が厳しく、「男子は坊主頭。女子の頭髪は肩につかない長さ」となっていた。ヘアピンやヘアゴムの類いは使用禁止だったので、ショートカットなら不便はないが、ボブカットでは俯くと顔の横に髪が垂れ下がるのでとても鬱陶しかった。…

ボトルキープ

大学生の頃、「美味しいものを食べよう」と友人と2人でたくさんの店を渡り歩いた。私も友人も実家から仕送りをしてもらっている1人暮らしの身でありながら、節約とは程遠いグルメな日々を過ごしていた。と言っても、大学生なので一応身の程を知って、フレ…

坂道

昨日id:fktackさんのエントリを読んで非常に懐かしい気分になった。秘密基地とか、午前の遊びの続きを昼食後にしようとしていたのに現れない友人とか。 ちなみに私は勝手にid:fktackさんを「藤川さん」と思っている(呼んでいる、と書こうと思ったけれど、実…

明日

明日は私たち夫婦の結婚記念日。14周年らしい。明日が15年目0日。本当は出会ってちょうど1年になる4月に籍を入れようと決めていたのだけれど、待ちきれずに建国記念の日に入籍することにした。祝日だから毎年一緒に祝えるね!と。待ちきれなかったのは私か夫…

兄妹喧嘩

我が家の兄妹喧嘩は今のところそんなに汚い言葉を使わない。「だまれ」「うるさい」などの静止ワードと「あほちゃう?」「はぁ?」「ふーーん」などの苛つかせワードの応酬どまり。言ってはいけない言葉はまだ聞いたことがない。 学生の頃、アメリカ人家庭に…

柊鰯と巻きずし

小学生の頃、毎朝、同じ登校班のトモちゃんのうちに迎えに行ってからトモちゃんと一緒に集合場所に向かった。トモちゃんのうちは農家でトモちゃんの母親が教師をしていたので祖母が一家の家内のことを取り仕切っていた。 その祖母はキーキーとヒステリックな…

かまくら

明日は東京も雪が降るらしく。子供たちは天気予報の「明日は関東南部でも雪が…」に興奮していた。東京では雪が積もったくらいでニュースになるが、私の育ったところではよく雪が積もったし、田んぼが凍りついたので長靴スケートを楽しんだ。 私の育ったとこ…

ピース

「紛失したぬいぐるみを見つけてくれた人に10万円の謝礼」というものをYahooニュースで見かけ、思い出す出来事があるのでそのことでも書いてみようかな、と。 3年前、次子(当時6才)が可愛がっていたシロクマのパペットが見当たらなくなった。それはさ…

自転車

人間はホルモンに支配されている。体の状態も心の状態も。先日、欠かさず読ませていただいているブログに自転車の練習についての描写があり、私がホルモンに心を最も支配されていた時のことを思い出した。 私は第一子出産の2か月前まで働いていたのだが、そ…

不妊専門外来に通っていました

結婚前と結婚後しばらくは「避妊しなければ妊娠してしまう」と気をつけていた。その後、赤ちゃんが欲しいと思い始めた時には「避妊をしない」しかなかった。それで妊娠すると思い込んでいたので、タイミングを素人なりにバッチリ合わせたはずなのに妊娠しな…

ラブソング

大学時代、よく海外旅行をした。アルバイトで稼いだお金で赴くので必然的に貧乏旅行になり、往復のフライトのみを押さえての、あとは現地で野となれ山となれ旅。ノープランの貧乏旅行ならではの現地の人々との交流や旅人同士の情報交換などを大いに楽しんだ…

後悔したくない

昨夜、この正月に実家に帰省した長姉から父の様子を聞いた。父がだいぶ弱っている、と。 父は高血圧を初めとして様々な体調の不良はあるものの、昭和16年生まれの73才としては人並みだと思っていた。その父が認知症では無いけれど、受け答えが昨夏とは全…

船場 2

続きです。 祖母は中華料理店で仕事を見つけた。中華料理店を辞めてからは「大阪プレス」という会社に勤めた。退職してからも大阪プレスの人たちと祖母は親しくしていたらしく、祖母は「大阪プレス」という会社名をよく口にしていた。そして祖母宅には「大阪…

船場

祖母は大阪の「良い家、良い商家」に生まれた。祖母は船場言葉を喋っていたので、私は山崎豊子さんの小説を読んで祖母の言葉を懐かしむ。 祖母には兄と弟と妹があったが、妹は幼少の頃に亡くなった。妹が亡くなった時に祖母の母は気が触れたようになっていた…