読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっそりと

いろいろ思うところをつらつらとつれづれに書いてみようかと。Qka_hsrt☆yahoo.co.jp

ほねとぼーんは似ている(hone, bone)

つれづれ

肩こりや腰痛を抱えて整形外科に駆け込んだことはあるものの、整骨院は勢いがある感じがして敷居が高い。あくまで私個人のイメージなのだけれど、「ほねつぎ」と看板に平仮名で掲示しているところは皮や肉をものともせずに骨にダイレクトアタックをかけてくるような、離れ離れになってしまった骨と骨を(それがもしかして他人同士の骨であったとしても)掴んで寄せてがちーんとくっつけるような、勢いがある感じがする。

整骨院も整形外科も資格を有する人間が至極真っ当に施術していることを頭では理解しているのだけれども。

 

街角で「ほねつぎ」と太く表示している整骨院があった。そこのロゴマークはちょっとおしゃれな大正時代風のデザインになっており「bone-setter」と斜字で入っていた。私は恥ずかしながら「接骨=bone-setter」との認識をもっておらず、誤読して「hone-setter/骨セッター」と読んだ。ほねつぎに前述のような印象をもっている私は骨セッターからもっと骨を自在に操る魔術師のような印象を抱いた。あるべきでないところに骨を造設していくような、エチゼンクラゲ脊椎動物に仕立て上げますよ!くらいの。